FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルビーサファイアの思い出

みなさんどっちにします?

発表されましたねルビサファリメイク!

思ったより早かったなという印象、XYの発売から一年しか経ってないw

今回はルビサファの思い出回にしましょうかね。



みなさんはどっち持ってました?

僕はルビー1個とサファイアを2個持っていました←

なぜかって?

まず買ったのはサファイア。カイオーガかっけええってなったからです!

小学生の僕にとって4000円は大きな出費でした、親が許してくれるはずもない。

内緒で買ったんです、自分の隠し持っていた財産で。

小学生の僕はみんなが持ってるのに自分だけ持ってないのは恥ずかしいと思ってたんですねえ。

みんなで放課後ゲームする毎日、楽しかったなぁ。


しばらくすると親がルビーを買ってくれました。

親も周りが持ってるのにうちの子だけ・・・って思ったんですかねえ。

どっちがいいって言われたので迷わずルビーですww

こうして僕は小学生ながらサブロムを手にしたわけですw

2つのソフトを持っているという優越感。

この時はもう慢心慢心w

でもあんなことになろうとは・・・。


しばらくしてクリスマス、小学生だった僕はおじさんにプレゼントをもらいました。

毎年プレゼントをくれるおじさんはかっこよかった。

箱を開けてみると・・・

サ・・・サファイアだ・・・

おじさんは僕の親がルビーを買ってあげたのを聞いてサファイアを買ってきてくれたのです。

小学生ながら持ってるなんて言えない僕は素直に受け取りました。

「あ・・・ありがとう!」

今思えば顔が少しひきつってしまっていたかもw

さて僕は困りました。これはいつかバレてしまうと。

それだけは避けなければ・・・。

悩んだ僕はもらったサファイアを自転車置き場に投げ捨てました。

もったいないというより、バレる方が怖かったんですw

むろん、ちゃんと進めたサファイアを捨てるわけにはいかなかったのでもらった方を。

最悪な子供ですね・・・。

何にせよこれで僕は隠蔽工作に成功した・・・はずでした!

しかしそんなに甘くはなかった。


投げ捨てた3日後、父親に急に呼ばれました。

「なんで捨てたんだ?」

凍りつきました。父親の手には僕が捨てたはずのサファイアのカセットがあったのです。

怒られると思った僕はだんまりを決めました。

黙っていると父はこう言いました。

「怒らないから言ってごらん。」

小学生の僕はとても脆い。いきさつをすべて話しました。

こうして僕の隠蔽工作は見事失敗に終わったわけですw


この話は今でも妹が家族の話題にします。

なぜかって?

僕の投げ捨てたソフトを見つけたのは妹だからです。
スポンサーサイト

テーマ : ポケットモンスター
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

いく

Author:いく
職業:ポケモントレーナー(仮)

来場者数
Twitter
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。